仕事の効率を高めるオフィス

ビジネスにおいてなくてはならいものの一つにオフィスがあります。
最近は通信技術の発達において、会社登記としては代表取締役の自宅などで登録され、社員が毎日出勤するようなオフィスは特別設けることをせず、スタッフが個々の環境で仕事を行い、必要に応じてビデオチャットでコミュニケーションをはかるような企業も増加していますが、これらは設立されたばかりの会社であったり、少人数で運営されるベンチャー企業である場合が多く、会社が成長していくにしたがって、いずれの会社もオフィスは必要になります。
最近のオフィスデザインはスタッフが働くにあたっての機能性や実用性だけではなく、メンタルも考慮され、また重視されたものが多くなっています。
オフィスの機能性や実用性も時代によって変化しており、現代においては一人一台の持ち運び可能なパソコンが主流になっており、また以前は社内イントラ上LANケーブルの使用する以外自社サーバーへのアクセスは制限されていたものが、企業内でもwifi環境が整理され、ノート型パソコンであれば社内どこでも自社サーバーやインターネットへのアクセスが可能となっているため、オフィス内でスタッフ固定のデスクを持たないようなオフィスも増えています。

そのような場合には、その代わりとして関係者が定期的に顔を合わせるミーティングルームなどは工夫され、社員一人一人のクリエイティビティを高めるようなデザインとなっているのです。
オフィスの環境は時としてスタッフの仕事に対するモチベーションに深く影響します。

具体的な例は照明などもスタッフのメンタルに影響するのです。これは以前に比べて扱う情報量が膨大になった現在の企業においては就業時間中であってもメンタルのリズムが存在し、これをうまくコントロールすることによって仕事の効率を上げることが出来るのです。
これをサポートするのが効果的なオフィスデザインなのです。

一日リズムを計算し、いかに心地よくスタッフが仕事ができるかを考慮したデザインが今非常に求められているのです。
オフィス仕事の仕事能率を上げるにはオフィス空間を快適なものにするというポイントがあります。


オフィス空間を快適にするというのはどのようなものなのでしょうか。
一つは家具があります。


事務職など日中のほとんどをオフィスで仕事をする人の場合は得に、家具という要素は仕事能率に直結します。

日常をオフィスにいる時間はかなりのものです。
使い勝手の悪い家具は仕事能率の低下を招きます。


得に、椅子は重要な項目です。


体型に合わない椅子や座り心地の悪い椅子というものは、仕事をしていく上で疲労を感じやすくなる要素です。
また、机と椅子の高さも重要になります。高かったり低かったりするだけでも疲労の蓄積に繋がるからです。

たかが家具ではありますが、長時間使用する場合には、その人の体型にあったものを選ぶことが仕事能率が上がる事へと繋がります。


また、机の上での整理整頓も重要な要素です。

書類を積み上げてどこにあるのかが分からないのでは、いざ必要な時に一つ一つ探し出さなければなりません。このような事にならないためにも、日頃から整理整頓を心がけなければなりません。

書類は分類分けしてファイルごとに分けてしまい、取り出す時に探し出しやすいようにまとめておくことが大切です。机の上には日頃から使用するものは手の届きやすい位置に、そうでないものは整理して片づけるのが大切です。

また、電話応対用に電話の近くにメモ帳をおいたり、ボールペンを取り出しやすいように近くにペン立てを置くなど心がけると良いです。

この他にも皆が使用するオフィスでの文房具は分かる位置にまとめておくなどすると良いです。
セロテープやカッター、のり、代えのボールペンなど普段は使わないものの、必要な時があるものは、誰もが取り出しやすい位置にまとめて置くことがコツです。
こうすることで、出して貰ったりという手間も減ります。


このようにオフィスで家具や整理整頓などに気を配るだけでも仕事能率は上がります。

まずは自分でやれることから始めてみませんか。

知って大満足のユニットバスのリフォーム情報を探しましょう。

あなたが探していた神奈川の住宅リフォームについて知りたいならこちらです。

アンテナ工事の価格の情報を掲載しませんか。

安心安全の大阪のキッチンリフォームについて詳しく説明しています。

外壁塗装の比較情報サイトの利用価値をご存知ですか。

https://4meee.com/users/profile/1001712

http://smany.jp/951

http://top.tsite.jp/news/interior/o/27745604/

関連リンク

安心してオフィスで業務を行うために

昨年の東日本大震災を契機に、建物の耐震性と安全性が今まで以上に重要視されるようになりました。昔と今では建築基準法の内容が変わっており、建築年数があまり古い建物で大丈夫なのかと不安に思う人もいるかもしれません。...

more

注文住宅で建てられた他の家の間取りや写真が重要な資料になります

どんな家に住みたいか、どんな暮らしをしたいのか、は日々の生活のなかで夢のように想像することが誰しくもあるのではないでしょうか。現状住んでいる家の不満点など大きなことから小さなことまで思い浮かべ、なぜ注文住宅を建てないのかを考えてみれば、どんな家に住みたいのかのイメージが湧いてくるはずです。...

more